独自ドメインは定番の「.com」の取得が望ましい

独自ドメインは、文字数が少なく、ハイフンが含まれない、サイト名を連想できる半角英語の文字列を取得べきです。また、トップレベルドメインは定番の.comを狙うべきです。

最初に独自ドメインをしっかり考えるべき

これから個人ウェブサイトやブログの立ち上げを検討される方は、最初に独自ドメインについてしっかりと検討する必要あります。もし、そのサイトが何らかの形で成功し、多くの方にとって価値を生み出し続けるなら、そのドメインを生涯使い続けることでしょう。途中でドメインを変えたら、それまで獲得してきた多くの評価を失います。そのような可能性があるため、独自ドメインは安易に決めるべきではありません。最初にじっくり考えて、自分のサイトの看板を決めたいものです。

この記事では、独自ドメインの重要性と選び方について解説します。

独自ドメインはパワーを持ち資産となる

独自ドメインとは

ドメインとは、インターネット上の表札のようなもので、URLの最初の部分にあたります。当ブログであれば、”chierou.com”です。このドメインは、知恵郎が考えた文字列であり、その使用権は知恵郎にしかありません。このようなドメインを特別に独自ドメインと呼びます。独自ドメインは、若干の維持費が必要ですが、だれにも侵されることのないものです。

独自ドメインは資産となる

あるドメインで運営されるサイトのアクセス数が大きくなり、多くの方にとって有益なものになれば、そのドメインは力を持ちます。この力をドメインパワーと呼びます。そして、このパワーが大きくなると、検索エンジンからの評価も上がり、サイト訪問者が増えていきます。ここで注意すべきは、評価対象はあくまでドメインだという点です。

最終的に独自ドメインは資産にまで昇華します。評価の高いブランドの商品がよく売れることはご存じかと思いますが、それと同じことが評価の高い独自ドメインで運営されているサイトにも起こりえます。つまり、評価が高くアクセスを集められる独自ドメインは資産になるのです。

独自ドメインの決め方

ここからは、そのように大切な独自ドメインの決め方のポイントを紹介します。一生物のドメインになるかもしれませんので、以下のポイントは抑える必要があります。

トップレベルドメインは”.com”を選択

トップレベルドメインとは、”aaaa.xxx”の”.xxx”の部分を指します。たとえば、”.com”, “.net”, “.info”, “.jp”, “co.jp”, “.org”などがトップレベルドメインです。それぞれ、用途や組織や国などの特定の意味が割り当てられています。

よくお勧めされるトップレベルドメインは、古くから存在してシェアも大きな”.com”や”.net”でしょう。それぞれ、商用サイト、ネットワーク関連サイトを表します。

以下の表は、世界におけるトップレベルドメインのシェアを表しています。ここから、実は”.com”が圧倒的なシェアを誇り、”.net”はその足元にも及ばないことが読み取れます(domainstate.comより、2020年2月)。

トップレベル
ドメイン
シェア
(%)
1.com (商用を表す)71.82
2.net(ネットワークを表す)6.56
3.org(組織を表す)4.98
4.icu(I see youを表す)3.03
5.info(情報を表す)2.20

この事実は、”.com”がトップレベルドメインの定番であることを示しています。象徴的な例は、”booking.com“でしょうか。これは”.com”が、我々の常識に広く浸透しているから成り立つことです。つまり、違和感なくサイトやブログを訪れてもらうためには、トップレベルドメインは”.com”であるべきです。

言い換えれば、”.com”でないサイトは、ドメイン取得競争に敗れたことを意味します。ですので、特別なこだわりが無い限りは、”.com”を選択しましょう。

当ブログは、もちろんトップレベルドメインは”.com”を選択しました。

サイト名を連想させる半角英文文字列

次は、ドメインの文字列を考えます。このとき、意味の無い文字の羅列は避けるべきです。できるだけ、サイトやブログの名前が連想できる文字列を考えましょう。定番は、サイトやブログの名前そのものやその省略名です。

注意点として、文字列は半角英文字だけを使います。数字や記号は入力しづらいので、やめた方がよいです。よくハイフンを使っている方がいらっしゃいますが、ハイフンの入力も面倒ですので、避けた方が無難です。

当ブログは、ブログ名「知恵郎.com」の半角英文字(chierou.com)をそのままドメイン名にしています。

文字数は少なく

文字数は少なければ少ないほど覚えやすく望ましいです。”z.com“という1文字ドメインは極端な例ですが、10文字未満にしましょう。

当ブログの”chierou”は7文字で、10文字未満の条件を満たします。

Google検索で競合する結果がないか確認する

似たワードがない文字列を考えましょう。Google等で検索した場合、もしかして打ち間違いですか?と、まったく別の有名な単語を提案される場合があります。取得したいドメイン文字列を検索して、似た単語をお勧めされないかチェックしておきましょう。お勧めされた場合は、異なる文字列を検討しましょう。

ドメイン取得はサーバーと同じ会社にして一元管理

ドメインは、できるだけサーバーと同じサービスで管理しましょう。ドメイン管理のみやサーバー管理のみの良質なサービスもありますが、ドメインとサーバー両方に対応したサービスでは、契約を一元管理できますので優位性があります。

知恵郎.comの場合は、wpX Speedでドメインとクラウドサーバーを一元管理しています。サーバー速度や料金にとくに不満はないですね。

空きドメインがあるサイト名を知恵を絞って考えよう

残念ながら、ドメイン取得は早いもの勝ちなので、ありきたりなワードは既に他者が取得済みです。そこで、サイト名に合うドメインを考える場合、まず空きドメインを先に見つけて、それに合わせたサイト名にする、という逆転の発想が必要になります。かなり根気のいる作業になりますが、いつかきっと納得できるドメイン文字列を思いつくことでしょう。

当ブログの場合は、”chierou.com”というドメインが空いていたので、ブログ名を「知恵郎.com」、ハンドルネームを「知恵郎」にした、という経緯があります。すべては、空きドメインありきなのです。サイト開設前は、このドメインに決定するまで、100回以上”.com”で空きドメイン検索をしました。”.net”に妥協すれば楽になれたのですが、”.com”に固執して探しました。

他にもブログ運営に役立つ記事を書いています。興味のある方は下記からどうぞ。

ブログ構築・運営で抑えておくべきポイントまとめ
アフィリエイトサイトにはなかなか書いていない、主に初心者が心得ておくべきブログ構築・運営のポイントを紹介します。

コメント