絵が綺麗で面白いおすすめオリジナル漫画まとめ(完結多めでKindleなどの電子版対応)

綺麗な絵で描かれた面白いオリジナルストーリーの名作漫画を厳選して紹介します。あらすじ、感想(レビュー)、試し読みの情報があります。また、Kindle等の電子版に対応しており即読み可能です。

名作漫画の4つの条件

この記事では、知恵郎が4つの観点から厳選した漫画を紹介しています。

セレクションの方法について興味があれば、以下記事を参照ください。

名作漫画は、娯楽性、独創性、芸術性、入手性の4つの基準から判断できる
知恵郎が、名作漫画を見極めるときの客観的な判定項目(娯楽性、独創性、芸術性、入手性)を紹介します。これらの項目すべてに合致する作品を、シビアにより分けていくことで、本当の意味での名作だけを楽しむことができます。

連載中

であいもん

京都の和菓子屋を舞台とした、良質のホームドラマ作品です。各話それぞれ感動できる本当の名作です。知恵郎は、もちろん佳乃子派です。

浅野りん「であいもん」
「であいもん」のあらすじ・感想を紹介します。

エデンの魔女たち

魔女たちが治める国エデンに突然侵攻してきたスペルビア帝国軍、迎え討つは悪魔を使役する魔女たち。伏線とその回収が見事な作品だと思います。アスタロトを使役するクーラができる魔女。

原作:小林且典(企画屋)、作画:岡崎純平「エデンの魔女たち」
「エデンの魔女たち」のあらすじ・感想を紹介します。

1巻完結

恋とごはんと虹色日和

本音で向き合えるパートナー同士の出会いからゴールインまでが描かれた恋愛作品です。登場人物が皆いい人で、読後感がとても良いです。緊張が解けた陽向さんが素敵です。

浅野りん「恋とごはんと虹色日和」全1巻
「恋とごはんと虹色日和」のあらすじ・感想を紹介します。

The Mark of Watzel

不器用な大人の男たちが、病床にあるエリンの治療を通じて交流し、互いに成長していく話。アクションもありますが、ドラマ色が強いです。お転婆なエリンが魅力的です。

武富智「The Mark of Watzel」全1巻
「The Mark of Watzel」のあらすじ・感想を紹介します。

2巻完結

ドン・キホーテ 憂い顔の騎士 その愛

ドン・キホーテのオマージュ作品。コメディで終わるかと思いきや、最後に怒涛の伏線回収が行われて、実はシリアスだったと分かったときにはとても驚きました。全てはドルネシア姫のために。

原作:河田雄志、作画:行徒「ドン・キホーテ 憂い顔の騎士 その愛」全2巻
「ドン・キホーテ 憂い顔の騎士 その愛」のあらすじ・感想を紹介します。

夜さん

男子学生が不思議な力を持った美術教師と女の子と同居する話。彼女達の抱える秘密が明かされるときにとても驚くと思います。少し影のある昏が綺麗すぎる。

佐原ミズ「夜さん」全2巻
「夜さん」のあらすじ・感想を紹介します。

3巻完結

オルガの心臓

隠された人工心臓をめぐるミステリーと、姉弟の家族ドラマがうまくバランスした作品です。オルガの感情爆発が凄い。

雨宮もえ「オルガの心臓」全3巻
「オルガの心臓」のあらすじ・感想を紹介します。

斑丸ケイオス

ヌシという巨大で特殊な力を持つ存在に挑む抜け忍とそれを追う者たちの話。独特の世界観が広がりうまくまとめられた名作。一途で健気な葉泉がいい。

大野ツトム「斑丸ケイオス」全3巻
「斑丸ケイオス」のあらすじ・感想を紹介します。

ロマンスの騎士

中世の時代から現代に転生した騎士が、フェンシングに取り組む話。最初はスポーツとしてのフェンシングに戸惑うものの、後半で驚異的な強さを示して読み手を惹き込みます。サヤちゃんが試合でフェンシングをするシーンが見たかった。

武富智「ロマンスの騎士」全3巻
「ロマンスの騎士」のあらすじ・感想を紹介します。

改造公務員リーパーズ

人体改造により死が遠ざかり、ヒーロによる犯罪の取り締まりがエンターテイメントと化した世界。世間に迎合することなく正義を貫く改造公務員エミリィの孤独な闘いを描く。エミリィがカッコよすぎる。

原作:田中鹿輔、作画:井上菜摘「改造公務員リーパーズ」全3巻
「改造公務員リーパーズ」のあらすじ・感想を紹介します。

天竜牌

死と隣り合わせの麻雀に強制参加させられた少年が、特殊な力を使って勝ち残り、生をつないでいく。麻雀に詳しくなくても面白いと思えました。紅音の「絶輪」がかっこいいです。

原作:杉井光、作画:松井勝法「天竜牌」全3巻
「天竜牌」のあらすじ・感想を紹介します。

強制ヒーロー

犯罪者の取り締まりと有罪無罪の判決を一般の民間人に丸投げしたら、というもしもの設定の話。正義という言葉の意味をあらためて考えさせられます。ヒロイン枠の桜子が残念女子です。

宮下裕樹「強制ヒーロー」全3巻
「強制ヒーロー」のあらすじ・感想を紹介します。

4~6巻完結

モテキ

モテ期が来たと勘違いした草食系男子のあえぐ姿を描いた作品。登場する女性がみんな本当に魅力的でした。尚子が一番面倒見が良い気がする。

久保ミツロウ「モテキ」全5巻
「モテキ」のあらすじ・感想を紹介します。

レッツ☆ラグーン

無人島で繰り広げられる、恋愛をスパイスとしたタイムリープもの。何度も交差する時間軸が話を盛り上げてくれます。知恵郎は、チカ派です。

岡崎武士「レッツ☆ラグーン」全6巻
「レッツ☆ラグーン」のあらすじ・感想を紹介します。

鉄楽レトラ

後ろ向きだった男子学生が、自分を想ってくれている女の子のためにフラメンコを習い自信を取り戻していく話。すれ違う二人が最終話でようやく再会するときの盛り上がりが凄いです。回想の中でしか見られないロングヘアーの藤本さんが可愛いです。

佐原ミズ「鉄楽レトラ」全6巻
「鉄楽レトラ」のあらすじ・感想を紹介します。

やさしいセカイのつくりかた

女子高に赴任した男性講師が、特別な事情を抱える女子高生や女教師の揺れ動く心に触れて、振り回される話。モデルのハルカが可愛すぎる。

竹葉久美子「やさしいセカイのつくりかた」 全6巻
「やさしいセカイのつくりかた」のあらすじ・感想を紹介します。

ナラクノアドゥ

最強の魔王が他の魔王を倒して少しづつ脆弱な人間に近づいていくファンタジーバトル漫画。魔王が人間的な感情を獲得していくところが見所です。ヒロイン候補はルーだろうか。

山本晋「ナラクノアドゥ」全6巻
「ナラクノアドゥ」のあらすじ・感想を紹介します。

7~9巻完結

サクラブリゲイド

テンポよくストーリーが展開していくロボット戦闘もので、手に汗握るアクションシーンが盛りだくさんです。知恵郎は、断然大場派です。

原作:日向寺明徳、作画:あずま京太郎「サクラブリゲイド」全7巻
「サクラブリゲイド」のあらすじ・感想を紹介します。

前略 雲の上より

空港と飛行機への愛が溢れた、SFC, JGCホルダーの必読書です。この漫画を読めば、空が大好きになります。眠るために飛行機に乗る繭田さんがヒロインかな。

原作:竹本真、作画:猪乙くろ「前略 雲の上より」全7巻
「前略 雲の上より」のあらすじ・感想を紹介します。

Kiss×Death

可愛い宇宙人が人の舌に寄生して争う、というちょっと変わった設定の作品。舌を絡めて戦う宇宙人がシュールすぎる。知恵郎は、駒方派です。

叶恭弘「Kiss×Death」全7巻
「KISS×DEATH」のあらすじ・感想を紹介します。

でぶせん

ふくよかな女装の先生が、不良学生達の心を癒して信頼を勝ち取っていく、ちょっと変わった感動物語です。デレた後の神夜さんが可愛すぎる。

原作:安童夕馬、作画:朝基まさし「でぶせん」全9巻
「でぶせん」のあらすじ・感想を紹介します。

10~19巻完結

リュウマのガゴウ

人を襲う白皮に支配された世界でリュウマという希望に縋る人々。語り継がれるリュウマの真実とは。重厚なストーリーと激しいアクションが描かれる作品です。シンシアが悲しすぎる。

宮下裕樹「リュウマのガゴウ」全10巻
「リュウマのガゴウ」のあらすじ・感想を紹介します。

正義警官モンジュ

愛すべきロボットモンジュとその取り巻きたちが織り成すドラマ作品です。有名な派出所漫画より面白いと感じます。真奈とモンジュの絡みをもっと見たかった。

宮下裕樹「正義警官モンジュ」全12巻
「正義警官モンジュ」のあらすじ・感想を紹介します。

コミックマスターJ

日本の文化である漫画に全力を尽くす者たちを描いた魂が震える熱い作品です。一葉先生の漫画家としての成長っぷりがすごかった。

原作:余湖祐輝、作画:田畑由秋「コミックマスターJ」全13巻
「コミックマスターJ」のあらすじ・感想を紹介します。

アカメが斬る!

腐敗しきった帝国を浄化させるために暗躍する暗殺組織ナイトレイド。そのナイトレイドと帝国のイェーガーズが、激しい戦闘で互いを磨り潰し合う。どちらの陣営にも感情移入できる良作です。戦闘中のアカメが怖いくらい美しい。

原作:タカヒロ、作画:田代哲也「アカメが斬る!」全15巻
「アカメが斬る!」のあらすじ・感想を紹介します。

ディメンションW

第4の次元がある独特の世界で繰り広げられるアクション多めの作品です。とにかく盛り上がります。ロボットとは思えないミラの表情は反則です。

岩原裕二「ディメンションW」全16巻
「ディメンションW」のあらすじ・感想を紹介します。