佐原ミズ「夜さん」全2巻

5.0

「夜さん」のあらすじ・感想を紹介します。

出典:夜さん

あらすじ

両親の離婚と再婚で、遠縁の祖母に身を寄せていた中学生の晨(とき)は、その祖母が認知症が重く施設に行くことになり、心を痛めていた。そのようなとき、彼は、祖母が手にしていた不思議な絵に目が留まる。それは、同じ学校の臨時の美術教師の夜(いつや)が描いたものであるが、なんと描かれた絵が紙から飛び出てくるのだった。そして、その夜が、晨を受け入れて一緒に暮らすことになった。ただ、その家には、他に不登校の昏(こん)も身を寄せていた。そして、晨と昏と夜は、その不思議な絵を描きながら、お互いの関係を深めていく。しかしながら、昏と夜にはある秘密が隠されていた。

出典:夜さん

感想

すこしファンタジー要素のある人間ドラマです。晨は両親が離婚し祖母が施設におり、昏は両親を失い、夜も最愛の夫を失っています。そのように家族と離れ、心に隙間のある3人が、飛び出す絵の助けも借りながら、心を通わせていきます。特に最初はいがみ合っていた晨と昏が、お互いを信頼し合うようになるまでの過程は丁寧に描かれています。しかし、物語のドラマの中心は、昏と夜の二人の関係です。二人のうち一人は、絵に関わる大きな秘密があり、その秘密が明らかになるときに物語が大きく動きます。ネタバレになるので書けませんが、その秘密によりこの作品は、傑作となっています。ぜひ最後まで読んで、そして驚いて欲しいです。

出典:夜さん
出典:夜さん

佐原ミズ先生の他の作品でも当てはまりますが、登場人物の過去や境遇はあまりよくありません。ただ、話が進むにつれて、彼らは心の持ちようを少しずつ前向きにしていきます。そのような姿が、別格と言えるほど綺麗な絵で描かれています。少し悲しい現実が描かれていますが、心動かされる作品です。

既刊一覧は、Amazon Kindleまたは楽天Koboで確認できます。

同じ作者の作品

佐原ミズ「尾かしら付き。」
「尾かしら付き。」のあらすじ・感想を紹介します。
佐原ミズ「鉄楽レトラ」全6巻
「鉄楽レトラ」のあらすじ・感想を紹介します。

その他の傑作漫画は、下記にまとめています。時間があればどうぞ。

絵が綺麗で面白いおすすめオリジナル漫画まとめ(完結多めでKindleなどの電子版対応)
綺麗な絵で描かれた面白いオリジナルストーリーの名作漫画を厳選して紹介します。あらすじ、感想(レビュー)、試し読みの情報があります。また、Kindle等の電子版に対応しており即読み可能です。

コメント