原作:田中鹿輔、作画:井上菜摘「改造公務員リーパーズ」全3巻

5.0

「改造公務員リーパーズ」のあらすじ・感想を紹介します。

あらすじ

2070年、科学技術の発展により体のカスタマイズが可能な時代、人々は改造人間となり不死と超人的な能力を獲得していた。そのような状況で、違法な改造により力をつけた悪の「改人(かいじん)」とそれらを倒す正義の改造公務員「リーパーズ」の戦いが、日常的に繰り広げられていた。しかしながら、死が遠ざかった世界で、それらの戦いはもはやエンターテイメントと化しており、リーパーズも視聴率を意識せざるを得ない状況にあった。そんな状況の中、外見は子供だけど実年齢80歳のエミリィは、今日も視聴率を無視して、己の正義を自己の研鑽した拳で孤独に貫き続ける。

感想

この漫画は、本当のヒーローを描いています。多くのリーパーズは、改人をただ倒すだけでなく、視聴率のために見せ場を作るように担当の上司から要求されています。その結果、リーパーズ達の行動原理が正義ではなく、視聴率至上主義に傾いています。そのようなヒーローの活動を制限されたリーパーズの中で、唯一の正統派ヒーローのエミリィが、上司の意向を無視して自己の正義感だけに従い改人を瞬殺していきます。しかし、それ故に視聴率は低く、エミリィは番組を干され気味です。現実社会でもそのようなことがあるなあと共感してしまいます。

しかし、実は多くのリーパーズやその関係者が、そのエミリィの正義を貫く姿勢を見て、自分を恥じたり、憧れたり、感化されていきます。正統派ヒーローのエミリィの言葉は、当たり前だけど重く心に響くのです。話中ではエミリィが正義を語る沢山の名シーンがあり、それが一番の見どころです。まさに漢の中の漢です。

既刊一覧は、Amazon Kindleまたは楽天Koboで確認できます。

その他の傑作漫画は、下記にまとめています。時間があればどうぞ。

絵が綺麗で面白いおすすめオリジナル漫画まとめ(完結多めでKindleなどの電子版対応)
綺麗な絵で描かれた面白いオリジナルストーリーの名作漫画を厳選して紹介します。あらすじ、感想(レビュー)、試し読みの情報があります。また、Kindle等の電子版に対応しており即読み可能です。

コメント