浅野りん「恋とごはんと虹色日和」全1巻

5.0

「恋とごはんと虹色日和」のあらすじ・感想を紹介します。

あらすじ

33歳でしっかり者の陽向(ひなた)と26歳で誠実な雨宮(あまみや)は、婚活お料理教室で出会い、その後一緒に食事することをきっかけに付き合い始める。そして、料理や食事を重ねるごとに、二人は互いをより深く理解していき、かけがえのない存在になっていく。素朴だけど美味しいごはんとともに、7歳差の恋愛が紡がれていきます。

感想

恋とごはんとありますが、よくある食べ物系漫画のように食べ物に関する詳細な蘊蓄はなく、あくまで恋愛に焦点が当てられた作品です。登場する食事も、タンドリーチキン、みそ汁、ロールキャベツ、筑前煮、牛丼、かぼちゃサラダ、あんかけチャーハン、ばくだんむすびと、家庭料理が多めです。主人公たちが相手への愛情をこめてごはん作ることに重きが置かれています。

陽向と雨宮は、7歳年の差がありますが、その年の差をお互いが乗り越えていく過程がこの漫画の見所です。33歳の陽向がときおり年の差について不安を感じて気弱になりますが、26歳とは思えないほどしっかりしている雨宮がその不安を取り除いて陽向を支えていきます。ふだんはしっかり者の陽向さんが隙をみせる姿はとても魅力的ですし、陽向が欲しいと思っている言葉を当たり前のように言える雨宮君はかなりの男前です。理想的な年の差恋愛が描かれています。

陽向と雨宮が中心の恋愛漫画ですが、すべての話で彼らの友達や家族が登場します。そして、彼ら友人や家族との関係も描かれますので、より深みのあるストーリーになっています。ちなみに、登場人物はいい人ばかりで、安心して読めます。

恋とごはんと虹色日和は、二人の出会いからゴールインまで1巻で非常にうまくまとまっています。浅野りん先生の綺麗な絵で描かれた読後感の良い恋愛漫画が楽しめます。

既刊一覧は、Amazon Kindleまたは楽天Koboで確認できます。

同じ作者の作品

浅野りん「であいもん」
「であいもん」のあらすじ・感想を紹介します。

その他の傑作漫画は、下記にまとめています。時間があればどうぞ。

絵が綺麗で面白いおすすめオリジナル漫画まとめ(完結多めでKindleなどの電子版対応)
綺麗な絵で描かれた面白いオリジナルストーリーの名作漫画を厳選して紹介します。あらすじ、感想(レビュー)、試し読みの情報があります。また、Kindle等の電子版に対応しており即読み可能です。

コメント