知恵郎(知恵郎.com)へのご支援をお考えの方へ

知恵郎.comで紹介した知恵を実際に実行して、ポジティブな効果を実感され、そこに感動があったなら、そのお気持ちを僅かばかりでもご支援という形でいただければ幸いです。

知恵郎.comの継続性について

当ブログ、知恵郎.comの継続は危うい状態にあります。知恵郎は、平日は会社で必死に働き、休日は子育てと疲れ切った妻のご機嫌とりに明け暮れる、そんなギリギリの生活を送っています。そこから、少しでも生活の質を上げるために、短い時間で情報を収集し、実践して、この知恵郎.comに記事を掲載しています。なかなか大変ですが、皆さんの生活向上に役立つ知恵を公開したいという想いから、更新頻度は小さいものの継続しています。

しかし当然のことながら、記事の投稿やメンテナンスを対価が無い状態で続けることはできません。そして、そこにはどうしても、読者の皆様の直接的な支援が必要となります。

高額報酬アフィリエイトや煩わしいディスプレイ広告に頼らない

知恵郎は、ブログ収益化の常套手段とされる高額なアフィリエイトやディスプレイ広告は、読者にとって良くないものであると考えております。高額報酬と紐づいた商品やサービスを紹介すると、偏った記事になるため読者の不利益につながります。ディスプレイ広告は、記事を読みたい読者にとって煩わしいものです。いくら、収益が必要であると言っても、そのような読者目線からかけ離れた手段に頼りたくないと考えています。

知恵郎.comでは、そもそも千円を超える高額な報酬を提供するような特定の商品に限定したアフィリエイトリンクは使用していませんし、使用予定もありません。

また、ディスプレイ広告も廃止予定です。現在Google Adsenseと提携してディスプレイ広告を掲載していますが、やはり煩わしく、記事全体の表示速度の遅延など問題を抱えています。これについては、近いうちに停止予定です。

知恵郎は、これらの一般的には王道とされている収益方法に頼らないで、なんとかこの知恵郎.com継続のための費用を捻出したいと考えています。

知恵郎を支援する方法

知恵郎.comの継続のために、いくつかの支援方法を挙げさせていただきます。読者の皆様の直接的な支援が大変効果的です。知恵郎にご支援を検討されている方の参考になれば幸いです。

コメントで支援

各記事の下部にはコメント入力欄があります。応援の気持ちをコメントいただければ幸いです。記事の間違い指摘や、もっと良い知恵の指南をコメントいただけることも大変嬉しく思います。

SNS等で知恵郎.comを紹介

読者の皆様が、SNS等で、知恵郎.comを紹介していただくことで、訪問者数が増えると知恵郎のモチベーションが上がります。役に立つと思った記事をURLリンク付きで紹介いただければ幸いです。

Amazonギフト券で支援

もし直接的な金銭的支援も厭わないとお考えの方は、以下のリンクからメールタイプのアマゾンギフト券を送付いただければ幸いです。当サイトの運営に必要なものを中心に使用させていただきます。

Amazonギフト券リンク

受取人メールアドレスは、下記をお使いください。知恵郎のご支援受取用のアドレスです。

gift@chierou.com


初めてギフト券を送付する方のために、詳細な解説も行います。

まず、Amazonギフト券のページへ移動ください。

必要であれば、デザインタイプをお選びください。デフォルト設定でも問題ありません。例では、「ダンボ」を選んでいます。

次に、ご支援いただける金額を入力ください。15円以上から設定できます。自動で¥マークが追加されるので、数値のみの入力で結構です。例では、「¥500」となっています。

配送は、デフォルト設定の「Eメール」のままに設定お願いします。

受取人は、以下の知恵郎のご支援受取用のメールアドレスをコピーペーストで入力ください。

gift@chierou.com

贈り主の欄には、ご自身のお名前をお書きください。もちろん匿名やニックネームでも問題ありません(ここで書かれたお名前をスポンサー様として表示させていただきます)。メッセージ欄には、ご面倒でなければ、ご声援などをいただけると嬉しいです。

数量と送信日は、デフォルト設定の「1」と「すぐ送信」のままで問題ありません。

その後、普段のお買い物と同じように、カートに入れてご購入いただくことで、知恵郎へ以下のようなギフト券がメールで届きます。なお、メール送信者は、Amazon(gc-orders@gc.email.amazon.co.jp)になり、贈り主のアドレスが知恵郎に公開されることはありません。

どうぞ知恵郎をよろしくお願いいたします

知恵郎.comを皆さまの知恵の拠り所として、快適に活用いただくために、できるだけ読者目線の立場からサイトを構築したいと考えております。皆さまのご助力をいただければ幸いです。

コメント